忍者ブログ

朝目が覚めると、心地良い光の目覚めの中で、また慌しい一日が始まり、いつの間にか、自分という存在も忘れ、仕事につく毎日の中で、行き詰まりや、憤りや、失敗や不安の中で、毎日生活が繰り広げられているのです。
何の悩み事もない人に見えても、そんな人はいるわけではないのです。
お金があるないとか、愛情があるないとか、人間関係がどうのこうのとか、また騙されたとか、傷ついたとか、いろんな生き様の中で、心が求めていくところが、それが安心感であり、心のよりどころなのです。
肉体的な労働と、意識的な活動の中で、常にそこに安らぎはなく、時間という観念の中で、それを過ごしていたならば、意識はすさみ、心はぼろぼろになり、疲れ果てた肉体と、疲れ果てた心が、現実を見失ってしまうこともあるかもしれません。
そういった心を癒してくれるのが、そして癒されたいと思う心が、人間という組織の中で、それを補ってくれるのが、ちょっとした宗教であったり、人々から受ける、優しさであったり、そして、信頼できる人間関係の中における、安心感なのでしょう。
やはり、安心でき、心が安らぐことが出来たならば、そこに初めて、一日の疲れを癒す、そういった存在があるのかもしれません。
誰もが不安と、まだわからない未来のために、今を一生懸命生きようとしていますが、必ず二人以上の人がいると、意見のすれ違いが起こったり、自分の考えが常に通るとは限らないのです。
自分の意識が阻害されたとき、むかつくといった、そういった現象が起こるのかもしれませんが、いつもそういうマイナス的な要因は、自分の中でつくられることを、私達はまだ分かっていないのです。
何かにすがったり、どこかにそれを求めても、裏切りという言葉で、いとも簡単に崩されることもあるのです。
いろんな出会いの中で、人々は自分以外の意識体や生命体に対し、自分からの発想により、その関係を見出しているのです。
そして、合理的な関係ならば、喜びや楽しみが存在し、不合理的な関係の中では、意識のもつれや憤りが存在してくるのです。
要するに、身勝手ということです。
身勝手な自分でありながら、安心感や心のよりどころを、常に求めたりするのです。
自分の何気ない言葉が、人々を傷つけることも、よくあるのですが、それに気がつくこともなく、自分を反省することなく、他人を責めたりするのです。
要するに、自分からのすべての発想の中に、そういった観念が存在し、そしてそこに、心の安定を求めようとしているだけに過ぎないのです。
要するに、安心感も、心のよりどころも、自分の意識の中で作り出すことが、最もよく行われる行為であり、勝手に勘違いするだけで、それはたやすく手に入ることなのです。
分かりやすく言うと、持続性が存在しないような、安心感や心のよりどころは、逆に自分の勘違いが、それを解決する、とても簡単な方法といえるのです。
ひょっとすると、あの人は私のこと好きなんじゃないかと、それがもし、本当であろうが勘違いであろうが、そんなことは何の意味もないのです。
自分の心がそれで、少し和んでくれたならば、そして人に迷惑をかけなければ、何の問題もないのです。
安心感も、自分が安心と思えば、要するに未来の不安を今考えることなく、今生きた自分と、わずかな安らぎの時間の中で、安心と感じるだけで、それは起こる現象なのです。
それを外に求めようとするから、そこにお金がかかったり、また騙されたりするのです。
勘違いでも何でもいいのです。
自分の意識を、そんな風に置き換えたならば、それだけで済むこともたくさんあるのです。
未来の不安で、今を怯えないで下さい。
今晩眠れる、この優しさが、どんなに安らぎを与えてくれることか、夜の暗闇は、誰も奪うことが出来ないのです。
すべての人に与えられた、平等の権利ですから。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]