忍者ブログ

よく仙人は、霞を食べて生きているといわれています。
本当に霞だけで、人間は生きられるものとは思えませんが、仙人ほどの優れた能力がある人ならば、それも可能なのかもしれません。
奥深い山の中で、そこにそびえる岩の祠に、誰かが修行したような跡がよくあります。
たとえば戸隠の、屏風岩に、ちょっとしたくぼみがあり、修行僧達は、その岩の陰で、悟りを開くよう修行したといわれています。
岩に伝わる夜露を口にしながら、眠ったら谷底に落ちてしまいます。
そんな死と背中合わせのような、緊張した面持ちの中で、彼らは修行したことでしょう。
今の私達に、そんなような緊張感が、起こってくるはずもなく、安易に考えている自分の姿が、逆に浮き彫りにされてしまうような気がします。
それほどまでの、究極的な修行の中で、いったい彼らは、何を得ようとしたのでしょうか?
また、それが、社会にどう貢献できたのでしょうか?
そして、何を知ろうとしたのでしょうか?
仙人という、そういった存在は、何のためにそこにあるのでしょうか?
よく言われる、森の精霊とか、神々のような、そういった存在と、仙人とは、どう区別していったらいいのでしょうか?
そして、修行僧が、仙人の位まで能力を高め、この宇宙の法則のすべてが理解できた、そういった悟りの、窮地の中で、自分を追い込み、死と直面した、そういった意識の中で、わずかな命をつなぎ合わせるために、岩に生える苔の存在があります。
人間が手の届かないような、非常に危険な崖の中腹に、その苔は存在します。
仙人になるための修行の中で、その苔は非常に貴重であり、一歩足を滑らしてしまったならば、命を失いかねないほどの、そういったところに、その苔が存在する意味は、非常に大きなものがあると思います。
その仙人達が食したといわれる、貴重な食材、それを人々は、霞苔といいました。
仙人が霞を食べて生きている、そのゆえんが、この辺にあるのかもしれません。
あの霧のような、水蒸気だけの霞ではなく、その霞を食べて生きる、苔、すなわち、霞苔が、仙人を生かす、すばらしい生命体であったことは間違いないのです。
その霞苔に、すべての命を託し、仙人は、この自然界に大きく君臨したと思われます。
人々が、迷い、そして苦しみ、未来を見失ったとき、仙人はこの世に現れ、危機的な状態から、私達を導いてくださる、大変素晴らしい指導者だといわれています。
そういった彼らが存在する限り、私達はまだ見捨てられたわけではないのです。
日本における、これから起ころうとする、いやもう、すでに起こっているかもしれない、大きな変革の中で、今こそ、日本古来の意識を持つ、究極の人間、そして、人間を越えた神的存在な仙人との出会いが、私達をこれから新しい方向へと導いてくれるに違いありません。
今まで、神話の中だけに存在していた仙人達が、ようやく姿を現そうとしています。
この悟りを開いた、特殊能力を持った、ある種の集団は、山の中で意図も簡単に生活することができ、何の不自由もなく、そこで行き続けることができる、素晴らしい能力を持った人々なのです。
仙人的な存在の中に、私達の未来は、これからどうかかわっていくのか、その指導をどう仰ぐのか、それが一番大きな課題となることでしょう。
この危機を乗り越えることが出来るとするならば、そういった彼らがよみがえることが、とても大切なことだと思われます。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]