忍者ブログ

ものすごい霊能者や、また未来の預言者が、過去にも有名な人はたくさんいますが、日本におけるあの安倍晴明は、本当に存在したのでしょうか?
確かに、不可思議なことはよく起こります。
ヨーロッパにおける黒魔術や、日本における丑三つ時の呪いの儀式など、世界中には、たくさんの超常現象的な、そういったことがよく伝えられています。
理論とか、科学とか、そういったものが、超能力なのか、それとも、不可思議な能力を持つことが超能力なのか、いったい超能力という言葉の中には、どんな形が存在するのか、非常に面白い分野だと思われます。
元々持っている能力で、それが誰もが持っていたならば、それは超能力者とはいえません。
人が持っていない能力で、それが極めて異質的なものであるならば、それを超能力と呼ぶことが出来るのかもしれません。
日本では、あまり心霊的な捜査は行われることはないのですが、諸外国では霊的能力で多くの事件を解決したり、それは普通に認知され、別に何の偏見ももたれていないのですが、何故この日本が、そういった霊的現象を否定し、唯物論者の中で、特に日本政府は、それを認めない方向に来てしまったのでしょうか?
この日本にも、たくさんいるはずです。
飛び抜けたその能力は、未来を読み取ったり、新しい理論を持っていたり、人の心を癒したり、そして難問を解決したり、正しい方向と、未来への新しい方向へ、そういった能力が使われたならば、そんなに素晴らしいことはないのですが、今日本では、そういった人達を認知できる、そういった機関は存在していません。
本物の統計学やそういった形で現れる、不可思議的な現象ではなく、もっと深い霊的現象や、感性の中から生まれる、きわめて突出したその能力が、今必要とされているのではないでしょうか?
科学では、もう理解できないほど、現実は行き詰っているのです。
いろんな霊的現象も、それを科学で証明することは、非常に難しいのですが、情報とエネルギーという、そういった法則の中から、エネルギーをどこに求め、情報をどこから引き出すかが、観念的な意識から外れたときに、それをただ、霊的現象に読んでるに過ぎないのです。
すべてのものに書き込まれている情報を、その持つ能力により読み取ったならば、たとえば写真から、その家族のことが分かったり、名刺から、その人の今の現実がある程度理解できたり、またその人と触れただけで、その人の意識が読み取れたり、またその人が祈ると、それが現実に起こったり、そんなことがいくら起こっても、本当は何の不思議もないのです。
情報はどこにも書き込まれ、存在しています。
それをどう読み取るのか、それをどう理解するのかは、その持つエネルギーとの融合の中で、いつ起こっても不思議のない世界で、本来人間ならば、その力がただ情報とエネルギーの関係の中で、さほど難しい現象ではないのですが、祈ったり、願ったり、それが叶うことがあったら、そして本来ならば聞こえない音が聞こえたり、見えないものが見えたり、それは決して不思議なことではなく、その現象を、この日本でも早く受け入れ、未知的な、そういった感性の中で新しい未来を築いていかなければいけない時代に入ったのです。
超能力者は、特にこの日本に、たくさんの方々がいらっしゃると、そう聞いています。
いや、絶対にいるはずです。
もうそういった人達が、その能力を隠す必要は、どこにもないのです。
今初めて、その能力は現実のものとなりつつあります。
なぜならば、未来予測されてきた、いろんな出来事が、今ここで大きく変わろうとしています。
要するに、占いのような、統計学の中からは、もう未来は見つけることは、非常に難しいことなのです。
これからもしそれが出来るとするならば、超的能力を持った、そういった方々の力に頼るしかないのです。
霊的現象も、自然的な未来現象も、これから起こりうる、すべての出来事と、すべての感性の中で、彼らの力が発揮される、その時代が来なければいけないのです。
もうその日は、訪れています。
この日本の危機を救うことが出来るとするならば、また突出した科学が生まれるとするならば、それは彼らが持つ能力に頼ることにより、始まるのです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]