忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

倭民族において最も重要視され、その存在こそが今の自分を表す唯一の法則といえるような出来事があります。
あの戦国時代も、自分がどの位置にいるのか、自分の位置付けを証明する方法は、系図しかありませんでした。
天皇家は、天照大神から繋がる系図をお持ちになっています。
それが唯一の証明書なのです。
特殊能力を持つ人々が、やはりその特殊能力を遺伝により伝えることが、最も容易く好ましいことなのです。
その為、系図の売り買いすら、この日本では起こっていました。
特に戦国時代では、武将達はその系図に導かれ、大きくなっていった人が跡を絶ちません。
 分かりやすくいうと、養子縁組が非常に多かったのです。
特にこの日本では、封建社会の中で、男性上位的なところがあります。
確かに、それは全世界から見ても共通している点なのかもしれません。

女性は、ミトコンドリア遺伝子を継承する誇り高き生命体であります。
これがなければ、生命は存在しません。
男性の持つ遺伝子は、そのミトコンドリアと有効的に交わりながら、過去の経験と記憶を、そのプログラムを未来へと継承していきます。
そんな中で、この記憶された出来事、要するにメモリーが、いかに重要性を持つかが見えてきます。
エネルギーがその記憶と反応し、未知的な能力を生み出すと考えられています。
そして、その未知的な能力を継承していくのが、系図といえるのでしょう。
このことを踏まえ、現在色々な特殊能力を持たれている方が沢山、存在していらっしゃいますが、本当の系図を持ち、それを継承しているのかどうか、大いなる疑問を感じざるを得ません。
この日本では、その系図の奪い合いと、暗殺が繰り返されてきました。
そう、家柄が乗っ取られるなんていうことは、普通にあった出来事なのです。
何故そこまでして、系図を重んじたのでしょうか。
やはりそれは、絶対的な権力と、地位と、果てしない能力が不可欠だったのでしょう。
系図のない人に、突然チャネラーが表れたりすることは、基本的にはありえないのです。
やはり、遺伝子科学的に継承していった方が、容易い現象と言えるのでしょう。
今、その系図を正しく継承している人は、何人もいません。
ほとんどの人が、人の系図を黙って使用したり、知識でそこを誤魔化したり、そういう人が意外とメジャーとなり、色々なことを繰り広げています。
しかしながら、そこからでは真実を読み取ることが出来ません。
優れた遺伝子に便乗し、この宇宙空間をその情報が独り歩きする為には、そこは系図的に絡み合うしか方法はないのです。

今、確かに進化の時期を迎え、染色体の数でさえも変化しようとしていますが、基本的なプログラムの中では、何一つ変わっていないのです。
そして、この系図に隠された、大いなる出来事の中に、遺伝子のメモリーを読み取り、そして未来を希望し、現実の変化をもたらす、そのプログラムを的確に読み取ることが出来る、その部位があり、そこに、系図以外に起こる自然的な現象に対して、継承された遺伝子と継承された霊的現象が必要となるのです。
たまに、霊的現象だけが先行してしまうことがありますが、それは必ず行き詰まります。
何故ならば、法則のない未来予知、解決出来ない、予測しかつかない霊的現象だからなのです。
 分かりやすくいうと、霊的に優れていても、系図を持たないとそれは何の力も発揮、出来ないのです。
やはり、霊的融合と遺伝子的融合が絡み合いながら、未来を構築していく以外にないのでしょう。
何故ならば、この現象も全て、デルファトラの科学により作り出されたものだからです。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]