忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

テレビ報道の中で、私達は沢山の情報を吸収しながら社会生活を営んでいます。
それらは私達の生活の中に馴染み深く入り込み、コントロールしようとしていることも事実です。
何が真実なのか解らず、ただ騒ぎ立てることだって沢山あるのです。
ここ何年間で、愛は地球を救うという言葉を耳にしてきました。
果たしてそうなのでしょうか?
逆に、愛とは何なのでしょうか?
誰もが皆、人を優しく包んだり、安らぎを与えたり、勇気を与えたり、温もりを感じたり、優しさの中で生きられたらと願っているに違いありません。
要するに人間は、愛の発信源ではなく、愛を受け取る存在となっていることでしょう。
これは全く、愛は地球を救うという言葉を逆さにした状態と考えないと辻褄が合いません。
要するに、何らかの現象により、安らぎと満たされた心がそこで感じるものが、愛ということになります。
そう、救われたのちに私達が受けるものが愛なのです。
愛とは、最終的に人間が感じる到達地点のようなものではないでしょうか。
人間はその愛を受け取りながら毎日を生きていると考えた方が、逆に分かりやすいのではないでしょうか。
愛とは発するものではなく、受け取るものなのです。
全く逆に考えていたのかもしれません。
募金をしたり、ボランティア活動をしたり、人に感動を与えたり、思いやりをもって活動することが、愛だと勘違いしている人もいますが、これは愛ではありません。
あくまで自分でできる精一杯の行為であり、実現化された行動の一つなのです。
そしてそれをやり遂げた時、自分の心の中に安らぎが存在したならば、それが愛なのです。

誰もが皆、人類が平和であることを願っているに違いありません。
でも一度満たされると、それに慣れてしまい、新しい望みを持ち始めます。
人間の欲には限りがなく、次々と変化していくのです。
だからこそ、愛により満たされたならば、言葉を変えると、不安がなく安定した毎日が存在するならば、その願いは叶うこととなりますが、現実の中ではありえない現象です。
人間はなんて愚かなのでしょうか。
目の前にある全てをそのまま受け入れれば、何の不安もないはずなのに、受け入れることが出来なく、そこから逃れようとします。
そこにエゴと欲が絡み合い、自分を傷つけ、暮らしているのです。
それを別の言葉では、悩みといいます。
決して必要な出来事ではないのです。
すでに私達人類は、この地球から、そして植物達から、沢山の愛を受け取っています。
ある時、僕の足元にタンポポの花が咲いていました。
皮肉なことに、僕はそのタンポポを踏んでいたのです。
何をしてしまったのか、タンポポにごめんねと謝ろうとしたとき、タンポポはいいました。
『いいんですよ。
 私達植物は、神様から、怒りとか悲しみとか苦しみとか嘆きとか、そんなものは教えられていません。
 痛いということも、教えてもらっていません。
 もちろん憎むなんてことも教えてもらっていません』
その言葉を聴いた時、人間はなんて愚かなのだろうとしみじみ感じました。
――そうだよな、人類は常に、愛され続けられている受身にあったんだ。
皆さんも認識して下さい。
誰もが皆、地球の愛に支えられ、その愛を受け取り、生き続けているのです。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]