忍者ブログ

 現在の世の中を見ると、何かが大きく間違っている様に思います。それが何かを見つける事は非常に難しい事なのですが、何かおかしいと思っている人達は、沢山いらっしゃると思います。そういった人間関係の中でも邪心を抱いたり、身勝手な人達が最近多く表れてきた様な気がします。
 若い世代を見るとなぜかそんな子供達が、憤りの中で矛盾を感じ身勝手な行動をとる事は、今の社会が作り上げた仕方ない現象なのかもしれません。そして大いなる邪心を抱きながら、良い方向に進むならばまだしも、この世間をあざ笑うかの様に悪い方向へと進んでしまう、そんな邪悪的な意識が存在してくる事も確かなのです。
 裏切りとか、騙しとか、自分さえ良ければという考え方と、他人の事を蹴落としてまでも自分を有利にしたりとか、逆にそんな事すら感じずただ呆然と生きてしまったり、人がどう思うかなど考える事もなく、自分の意見だけを押し通そうとする、そんな現実が多く存在している事も確かなのです。
 誰もが皆、身勝手に生き続けてきたならば、社会秩序は乱れ、人間関係も崩れ、信頼関係すらない世の中が、これから続いてくるのかもしれません。夢や希望を無くした人々は、特にこれからの若い世代は、社会が作り上げた極めて捻じ曲げられた世界で、何の為にどう生きるのかそれを確認する事すら出来ず、この社会が作り上げた大いなる魔の世界が大きく成ろうとしています。
 この現実が、もうすぐ実感する様になってきます。未来を無くした、そういった意識体は、今だけの時間に全ての事柄を実行しようとします。要するに今さえ良ければいいんだという考え方が、そして自分さえ良ければという考え方が、そこから他人はどうなっても良いという、そんな法則すら生まれ、余りあまった矛盾の中で身勝手が発生してくるのです。<
 人々は皆、美しい心で生まれてきたわけでもなく、かといって悪魔の方向に進んでいくわけでもないのですが、本来ならば社会というこういった環境の中で、正しい意識がはぐくまれ、未来へと向かい、人間関係は安定した形で、そして社会は安全な形で、明日を迎える事が出来たはずなのですが、どこかで捻じ曲げられたこの社会は、もう人間達をその様に育て上げる事はありません。
 一人ひとりが自分との戦いの中で、正しい方向を見出すしかないのです。今起こっているこの現象の中で、非常に病んでいる青年達を、批判する権利は誰にもありません。なぜならばこの社会が、そういったものを生み出す魔界として今、存在しているからなのです。
 今この魔界をどう変えていくのか、すさんだ意識をどう正しい方向へ導くのか、これから起こる社会現象の中で、意識的なそういった犯罪的現象が多く起こってきます。やはり環境や食べ物が、その結果、意識障害は非常に多く、この社会を壊している事は間違いありません。そういった意識の中で、この未来を健全な方向に導く事は、この今起こっている魔界そのものの現象をどう捉えたら良いのか、そこからもう一度、考え直す必要があるのです。
 もうすぐこの魔界は二重に包まれた、取り返しのつかない魔の世界の現実を見る事になります。人間達の意識は荒み、悪を容認する中でその悪は大きくその力を現し、人々は悪の意識に包まれ、もうそこには愛など存在しません。憎しみも、恨みも、そんなものすら存在しないのです。
 魔界に支配された人間達は、同一性の悪の中で何の抵抗もなく、人々の命を奪う事になるのです。悪の中では、悪の認識をする事は出来ないのです。正しい世界と、間違った世界、対比するものがあって、どちらが正しいかが分かるのですが、全てが邪悪化した世の中では、正しいものなど存在してこないのです。
 その様な魔界にとらわれる前に、この環境を変える必要があるのですが、魔界の中にどっぷり浸かってしまった現実も存在しています。
 間違いという判断が、もうすでに出来なく成ってしまっているのです。

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]