忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 何か大きな壁にぶつかったと時、そこさえ乗り越える事が出来たならば未来は明るく開けたはずなのに、日常生活の中で多くの疑問にぶつかった時、そして自分の行き詰まりを認識してしまったり、なぜ、どうしてというそんな疑問にどう答えたら良いのか、なんだか自分が非常にいい加減に思える時がよくあります。
 何かまずい事が起こった時、自分以外への言い訳を、常に考えているのが人間なのではないでしょうか。ある方が、一つの商品を持って二人の人の前に現れました。一人の人はその商品を買い求め、非常に喜んで今も使い続けています。買わなかったもう一人の人は、その買わなかった理由を、要するに自分を正しいという、そういった正当性を求める為に、買わなかった商品の粗探しをし始め、そこを批判する事により自分を正当化しようとするのです。
 買った人はその商品の良さを理解し、そこを重要視しながら自分の心を豊かにし、現実も少しだけ変える事が出来るのですが、買わなかった人は常に自分が正しい事を証明しようとする、そういった馬鹿げた考え方が生まれてくるのです。正直に思うならば、今自分にお金がない為買えなかっただけなのに、そこを隠す為にその商品の欠点探しをする、そういった愚かな存在がそこにあるのです。
 最近増えているクレーマーと呼ばれる人達は、常に自分が正しい事を、そして相手が悪い事と決め付ける、だからこそ起こる現象なのです。昔から金持ち喧嘩せずという言葉があります。確かにそうなのかもしれません。心の貧しさや金銭的な貧しさを自分以外の理屈をつけて、そこを正当化しようとすると必ず無理が生まれてきます。そういった現実をいくつか繰り返す中で自分の存在が、非常に間違った方向へと進んでいってしまうのです。
 未来に向かう可能性を破壊し、自分の持つ未知的な能力に対してもそこを開こうとせず、起こりうる目の前の現象で、全ての欠点は自分以外のものや人にあると決め付けるのです。こういった考え方から、正しい未来は生まれてきません。
 もっと自分の欠点をさらけ出し、そこを自分でも認識し世間体に捉われず、もっと素直に自分を見る事が出来たならば、新しい未来が生まれてくるはずなのに、自分が正しいという考え方から、それが自分を駄目にしていく法則である事を認識する事は、結構難しい事なのです。
 何か言葉をかけようとした時も人間達は、その言葉が正しいか間違いか常に判断してそういった行為を行っているのです。その答えが正しいか間違いかは、その答えを自分が出すという所に、非常に大きな矛盾とそれが正しいとする判断が、周りの人や他人から見たならば滑稽に思える事もあるのです。
 そういった観念と自分に対する考えの甘さが、その自分を駄目にしていくのです。誰かにそうさせられたという様な事はなく、人間は常に自分で自分を判断し、その答えに対して現実が存在してくるのです。悪くなるのも全て自分のせいだし、良くなったとしてもそれは自分で決めた出来事なのですから、当然どちらを選ぶかはその人の勝手と言えるでしょう。
 楽な道を選ぼうとすれば必ず、そこに待っていてくれるのは、緩い下り坂です。努力とか、そういった形で前へ進もうとしたならば、長い階段がしかも急な上りの階段が現れてくるのかもしれません。その階段を上るには、大変大きな勇気が必要となります。
 しかし階段は、一段ずつ慌てずそしてゆっくりと上ったならば、さほど大変なものではないのです。いきなり駆け上ろうとしないで下さい。自分が決めた一歩をゆっくりと、ただ一段ずつ上るだけで良いのです。必ず未来は開けるはずです。もう自分で自分を駄目にする方向へ傾かないで下さい。隠し事は必ず、いつかばれてしまいます。
 もっと素直に、自分を生かしてみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]