忍者ブログ

この間、四国の、ちょうど愛媛県と高知県の境にある、とても景観のいい、そんなところに、聖地探しに行ってきました。
そこで、山を案内してくれたその方は、普段造園業をなさっており、とても山のことや木のことは詳しく、色々なことを教えてもらいました。
そこで大変ショックな話を聞きました。
「最近、ここら辺の山に、鳥がいなくなったんだよ。
 あのムクドリはもう何年も出会ったことはない。
 いるのはせいぜい、カラスとかトンビとか。
 その他の小鳥達の姿を見ることは、ほとんどなくなった」
と。
森深い豊かな緑の中で、小川は流れ、湧き水は湧き出し、松は何本か枯れて、山肌に少し目立つ形で存在していましたが、見た目ではとても豊かで、素晴らしく思えました。
しかし、小鳥達のさえずりはなく、もちろんウグイスの声を聞くことはないのでしょう。
あの素晴らしい四国の山中に、そのような現象が起こっていることを聞かされ、何故、どうしてと、急に不安が訪れてきました。

確かに最近、日本全国で、ミツバチがいなくなるという現象が起こっています。
何故ミツバチがいなくなったのか、そのことを考えると、やはり、その大きな原因の一つが、遺伝子組み換えと、農薬でしょう。
しかしながら、最近、大変増えてきたのが遺伝子組み換えで、農薬はもう何年も前から使われ、その農薬が原因ならば、もっと昔から鳥がいなくなってもおかしくありません。
そしてミツバチがいなくてもおかしくありませんが、そのミツバチがいなくなったのは、本当にここ2,3年の出来事であり、そんな昔からある出来事ではないのです。
やはりここで一番大きく考えられることは、遺伝子組み換えが原因であるとしか言いようはありません。
確かに遺伝子組み換えは、病害虫に強い、農薬をかけなくても大きく育つ、野菜や果物に多いのですが、その遺伝子組み換えは、本能で生きる昆虫達は、やはり食べることは出来ないのでしょう。
農薬は雨で流れたりし、鳥のえさである青虫達は、キャベツに群がったりしますが、遺伝子組み換えとなると、その青虫達も、キャベツを食べることが出来なくなるのでしょう。
今、野菜の85%が遺伝子組み換えといわれています。
昆虫達が真っ先にその影響を受け、生態系はどんどん崩れていきます。
その結果、昆虫を食べる鳥達が、激減していくことなのでしょう。
昆虫や鳥や、微生物達が生きられない社会に、人間達だけが生きられるような法則が存在するのでしょうか。

ある話の中で、ミツバチが全滅したならば、その後7年間で人類は滅亡の危機を迎えるだろうという、そういった予言をした優れた学者がいました。
それがもしあたっていたならば、人類は大きな過ちを今、犯していることに気付かなければなりません。
確かに現実は、ミツバチの激減は言うまでもありませんが、確かに、そういった点では、最近あれほどたくさんいたモンシロチョウが、あまり姿を見ることがなくなりました。
そういえば、スズメも、少し前まではうるさいほど飛んでいたのに、今は余り見ることはなくなったような気がします。
山奥に入っていけば、まだたくさんいるのかもしれませんが、里の中では最近、ニイニイゼミが全くいません。
沖縄には沢山のアブラゼミがいましたが、最近本州では、そのアブラゼミも減っているような気がします。
畑にたくさんいたコオロギも、オケラやバッタも、蛍は増えているのですが、トンボが減っているような気がします。
なんだか生態系はかなり乱れ、確かに気をつけてみると、いろんな昆虫や鳥が減っていることに気付きます。
あの予言が正しければ、人類は確実に滅亡する方向へ進んでいることは間違いありません。

東京直下型の地震が来るとかいって騒がれていますが、天変地異で人類が滅亡することはありません。
しかし、人間の科学は、神が作ったプログラムを破壊にまわりました。
ほとんど遺伝子組み換え食品や、添加物、香料といった化学物質、そして優性遺伝された、おいしい食べ物、こんな中で、人類は生き抜いていくことが出来るのでしょうか。
今、脳内における、意識障害者が激増しています。
精神病者が蔓延する中で、自然環境を無視した食品達が、ほとんどを占め、それを食べなければ生きていけない私達は、本能意識はもう限界に達していることでしょう。
滅亡していく運命にあるならば、それは仕方ない出来事かもしれませんが、もしまだ間に合うのならば、誰もがみな力をあわせ、人類の存続のために、今何をしなければいけないか考えてみてください。
人間がこの地球上で生きていくためには、絶対に必要な出来事なのです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]