忍者ブログ

私達は生まれてくるときに、神様から分け魂(みたま)をいただき、この世に生まれてきます。
そして、なくて七癖といわれるように、誰にも七つの癖が存在するといわれています。
それは、七つの霊体が自分の中に生まれているからだといわれているのです。
神様からお預かりした魂に付随する霊体や、また、両親から頂いてきた霊体に依存する、そういった現象の中で、七つの霊体を持つといわれています。
そのために人間は、亡くなると七つの霊体のいろんな審議を受け、そのかかる日数が七日といわれ、その時に行われる行為が、初七日の法要といわれています。
その後、その七つの霊体は、閻魔大王とそこに携わる神々から、生きていたときどうだったのか、七つの霊体一つ一つが呼び出され、審議を受けるといわれています。
そしてその審議が受けられ、やっと成仏という形で、先祖に導かれ、仏様となっていくのです。
そしてその時に行われる法要が、7×7の、四十九日の法要といわれるのです。
亡くなってから霊体が苦労するのは、とてもつらいことと考えた人々は、生きているうちにたくさんの苦労をし、亡くなってからは苦労したくないという思いが強く、そんなことから、極楽の世界に生きたいなと、多くの人が望んだそうです。
確かに、亡くなってからも苦労するなんて、あまりしたくないと思いますが、生きているうちの苦労も、そんなにしたいとは思わないのも現実でしょう。
誰にも七つの霊体が存在するなら、その七つの霊体は、人間の心をうまく表現してくれているのでしょう。
気分が良かったり悪かったり、優しかったり強かったり、思いやりがあったり意地悪だったり、確かに自分のことを考えてみると、いろんな自分が存在していることは事実です。
うまく人間関係を作るために、嘘の自分を作り上げていることもよくありますが、気の合う仲間と楽しい時間を過ごすことは、とても心が喜ぶ出来事と思います。
気が合う合わないとか、そういう言葉が生まれてくる以上、気の問題と霊的現象は、切り離しの出来ないことかもしれません。
自分の中で、七つの霊体が、今日は誰が現れてくるのか、一日の中で、七回も変化していくのか、そんなことを考えたならば、逆に楽しい毎日が過ごせるのかもしれません。
七つもの霊体が、七つの法則と融合したならば、未知数的に考えられる出会いが待っているのかもしれません。
自分に七つの霊体がある以上、自分の回りにいる人達にも七つの霊体が存在するのです。
そんな霊体同士が力を合わせることがあったならば、大変素晴らしい世界が築かれるのかもしれません。
そんな風に起こっている現象を、悪い方にではなく、少しでもいい方向へと考えたならば、七つの霊体があることが、決して悪いことではないでしょう。
逆にもし、霊体が一つしかなかったとしたならば、その一つの霊体は、いろんな出会いの中で、大きな傷を負い、疲れてしまうのかもしれません。
意地の悪い霊体がいることによって、その悩みを解決してくれたり、自分を癒してくれたりすることもあるのです。
また優しい霊体は、人と人との絆をつくってくれたり、新しい出会いをもたらしてくれたりするならば、それはそれで素晴らしいものです。
霊的な現象の中で繰り広げられる、この大いなる現象は、七つあることから起こる、大変素晴らしい、癒しの世界を作り上げているのかもしれません。
意地の悪い自分が、そして人に優しい自分がいて、愛情たっぷりに猫や犬をかわいがったり、野山の花々を美しいと感じたり、蝉の鳴き声がうるさいと感じたり、鳥の鳴き声が朝の心地よい目覚めを誘ってくれたり、七つの霊体の組み合わせの中で私達は、大変幅の広い心を持つことが出来るのです。
七つあるこの組み合わせは、大変大きな感情を作り上げてくれるでしょう。
そのことを思いながら、明日の自分を、また今の自分を見つめてみてはいかがでしょうか?

PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]