忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カビの生える餅、カビの生えない餅、どちらが安全ですか?
カビの生える餅でしょ。
カビが生えないなんておかしいじゃないですか。
抗菌タオルと、普通のタオルどっちが安全ですか?
普通のタオルですよね。
でも皆さん「これは、良いよね」って抗菌タオルを使いますよね。
違いますよね。


僕の知ってる岡本さんのお宅では、雑巾でまな板拭いてます。
雑巾でまな板拭いているのを見たら、皆さんはイヤでしょ。
でも雑巾でまな板を拭くと何が起こるかと言うと、一般細菌でまな板がコーティングされますから菌のアパート・マンション、満室状態。
サルモネラ菌のついたお肉を置いても、繁殖できるスペースが無くて繁殖できない。
と言う事で、汚いラーメン屋さんと一般家庭は、食中毒はなかなか起きない。
この事を、一般細菌の抑制力と言います。
清潔好きなホテル・レストラン程、塩素漂白してきれいにしますから。塩素は15分で殺傷能力、消えますから、そこでサルモネラ菌の付いたお肉を置くと、菌のアパート・マンション、ガラガラですから、我がもの顔で繁殖して、食中毒を起こす確率が高くなる。
私達は、一般細菌に守られているんですね。


例えば、生まれて来る時に産道を通って、お母さんから乳酸菌という洋服を着せられて生まれてきます。
だから、皮膚は弱酸性。当たり前ですよね。
この乳酸菌というのは、私達の体から出てくる垢を食べる。
この菌によって守られているところに、塩素の水でお尻を洗うもんだから、痔になったり、子宮内膜症になったり卵巣炎になったりする危険がある。
せっかく、乳酸菌で守られているのに、殺してはいけないですよ。


レジオネラ菌ってありますよね。
お風呂で人が死んじゃったりしたのが騒がれましたね。
それも塩素入れるもんですから。
お風呂の中、塩素のおかげで菌がみんな死んじゃいます。
塩素にやや強いレジオネラ菌という菌だけが、お風呂の中で我がもの顔で繁殖するんですね、塩素入れたおかげで、喧嘩相手がいないから。
これが肺炎起こしてしまった原因ですよ。
昔の東京、大阪、名古屋の銭湯でレジオネラ菌で肺炎起こして死んだなんて、聞いた事あります?ありませんよね。
これだけ多い銭湯の中でないんですよ。
それがたったここ10年・15年の間にそんな事件がたくさん起こりました。これもみんな清潔という名の殺しの化学が起こした間違いなんです。
どうして、東京・大阪・名古屋の銭湯で、肺炎を起こした人が出なかったかと言うと、肩からお湯をバーとかけて、体を洗わない親父が飛び込んで「フーンいい湯だな」って大腸菌がウヨウヨしていたからですね。
大腸菌がウヨウヨしていれば、レジオネラ菌達は大腸菌が怖いから繁殖しません。
これも、大腸菌の抑制力なんです。
大腸菌って元々お腹の中にいる菌ですよ。
もしこの大腸菌が悪さするんだったら、ウンコがお腹にある内にお腹が痛くなります。そうですよね。
だから、温泉で肺炎を起こしたあの事件を起こさないようにするには、塩素の量を2倍にするんじゃなくて、実は塩素を入れないようにすれば、起こらないんですよ。
もっと言うんなら「ウンコ」投げ込んだ方が良いのかな?

 

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]