忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その空気中の二酸化炭素を吸って、植物は光合成して、二酸化炭素から酸素を吐き出し、残った炭素と、朝露に付いた空気中の窒素まで、アミノ酸、タンパク質を作る。
葉っぱという工場で作る。


リンゴ一個の実には、リンゴの葉っぱ30枚ぐらいあると良いものが出来る。
スイカでは、スイカの葉っぱが5枚、ブドウも5枚の葉っぱが最低いる。
波田町スイカなんてのは、メロンみたいな作り方しますから、葉っぱ40枚も使って。
だから凄く美味しいスイカが出来る。良いものは一個、一万円近くもします。


植物は、空気中の二酸化炭素から酸素を吐き出して、炭素をとっている。
その空気中の二酸化炭素は、我々が吐き出している炭素じゃなくて、植物が朽ち果ててそこから発生して上がってくるもの。だから、海の底に二酸化炭素の層があって、固まって白い塊になってます。
これも海の植物達の屍骸、堆積です。
いずれにせよ、二酸化炭素が絶対必要なんです。
これは、地球温暖化の原因になるかもしれませんけれども、植物を増やせば、植物は二酸化炭素を吸ってくれます。
地球温暖化になったのは、砂漠化が進んで行って、二酸化炭素を吸う植物が減ったからです。
海の水が汚染されて、海の中の光合成が行われなくなってきたから。
そして、海水が上がってくるのは南極の氷が溶けたから、これもあるけれども、もうひとつは、地表の保水力がなくなったという事。雨水がすぐ海に流れ込んでしまうからです。


では皆さん、これは知ってますか?
なぜ、水田でお米作ってるんですか?お米は炭水化物ですよね。炭水化物というと、空気中の二酸化炭素から摂った炭素と田んぼに張られたお水が、朝露の葉にくっ付いて、葉っぱに付いたお水と炭素で、炭水化物が出来るんです。
だから、お米は水田で作るんです。水田で。
沢山の肥料撒かなくていいよね。
お米と空気中の炭素で、お米が出来るんだから。そんなに肥料撒かなくていいですね。
なのに誰かが、肥料撒いたり、有機農法だ、化学農法だって言ってるんですから、何やってるんだ。
人間は。
炭素と水で炭水化物、炭素と窒素でアミノ酸、タンパク質は葉っぱと言う工場で作って、根っこという貯蔵庫に運ぶんだよ。
ジャガイモは葉っぱという工場で作ったデンプンを根っこのとこのジャガイモという貯蔵庫に運ぶの。
デンプンは根っこから、吸収したものじゃないんですね。


これを発表したらどうなるんですか?こんな、当たり前の事。
農家は目の前で、見てる現象なんですよ。

 

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]