忍者ブログ
 今年は、とにかく毛虫が多かった。山の木の葉も食べられ無残な日が有った。やがて蝶や蛾に成って飛んで行くのでしょうけど。
 蚕もそんな彼らの仲間、何年か前、黄色いまゆを幾つか見つけた事が有った。
 日本は結構昔から、蚕の養殖が盛んだった。そして絹は世界中に輸出されていたし、貿易もかなり盛んに行われていた様です。
 海洋民族の倭人は、海の河を知っていたから、縄文時代から土器の輸出をしてたみたいです。現在の歴史書は、かなり間違っている事は誰もが知っていますが、本当の事は非常に分かり難いのが現状です。
 また陸のシルクロードは有名ですが、日本から始まる海のシルクロードは余り知られては居ません。
 朱印船貿易では、古銭を日本で作り中国に輸出していたのだから、海の事は知り尽くしていたのでしょう。勿論、海流の流れも。だからこそ南米チリにも、縄文土器の輸出が出来たのでしょう。
 その他にも今から四万年前、野尻湖人はナウマン像を真2つに切断できたなんて、考えられない事ですが可能性は否定出来ないのです。
 その頃の科学がどんなに進んでいたのか少なくとも、今より進んでいたかもしれない。そう考えなくては、辻褄が合わない事が多過ぎるのです。
PR
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
3
4 9 10
11 12 17
18 24
25 26 27 28
オリハルコン
カウンター
最新記事
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]