忍者ブログ

どんなに前へ進もうとしても、どんなに努力しても、中々上手くいかないことがあります。
それは、何かが邪魔をしているのです。
人々はそんな時、それがあなたのトラウマなのよと、そんなことを意識します。
一体トラウマとは何なのでしょうか?
どんな嫌なことがあっても、一晩眠ってしまえば、ある程度は忘れていきます。
 一週間経ってしまえば、そして新しい出来事に出会ってしまえば、その悩んでいた時間が何だったのかさえ忘れてしまいます。
時間というものはとても有難いもので、苦しかったり、悲しかったりしたことでさえも、その時間により、癒されていくのです。
人間というのは、その悲しみや苦しみをいつまでも持続させず、時間と共に癒し、そして、忘れるように出来ているのです。
いつか思い出した時は、そんなこともあったよねという形で、思い出の結果とし、そこに意識が戻ることは、さほどないのです。
しかし、ものすごく辛いことや、ものすごくきついことを、そこから逃れる為に、時間という観念を捨て、急激に忘れようとしたならば、その時間が未来へと進まず、その中で閉じ込められるという結果になります。
それが例え楽しいことであっても、悲しいことであっても、辛いことであっても、そこにおける認識と観念が、それをどう捉えたかによって、その結果は違ってくるのです。

一番辛い、人間の感覚は、恐怖と別れです。
この恐怖と別れという感覚を、どう乗り越えるかが、難しい問題となるのでしょう。
ほとんどのトラウマは、この恐怖と別れの中に存在しています。
極めて危機的な恐怖と、悲しい別れが、それを忘れようとする意識の中で、いつの日にか凍結され、トラウマ化されていくのです。
その忘れようとした結果ではなく、強制的に忘れようとしたその行為は、自分の中で、要するに潜在意識の中ではその記憶は常に残り、日常生活においては、観念的に忘れてしまっていることが現実なのです。
トラウマを乗り越えることが出来るとするならば、その消された記憶を思い出さなければなりません。
しかしながら今になって考えると、自分が子どもの頃に起こった現実は、大人から見たならば、恐怖でも辛い別れでもなかったのかもしれません。
自分が親になると、子どもを叱ることなど、自分が子どもだった頃の記憶が存在しない限り、それを恐怖と感じることはありません。
逆に自分の中の、その子どものときの小さな出来事が、トラウマとなり、今の自分が前に進めない自分を、解決出来ない自分を作り上げているのです。
例えば子どもの頃いたずらをし、両親に押入れに閉じ込められたとしましょう。
その暗闇の中で泣き叫び、出して欲しいと願った子どもが居たとしても、大人から見たら、押入れの中は何の恐怖もない、逆に昼寝でもしたら丁度、良いような空間に過ぎないのです。
そんな感覚の中で物事を捉えると、子どもの時、押入れに閉じ込められた、その暗闇の恐怖、その恐怖から逃れようとして、潜在的に閉じ込めたその記憶が、大人になって、一体なんだったのか分からなくなっているのです。

要するに、トラウマは、その時の自分に返らなければ、その同じ恐怖を味わうことは出来ないのです。
そしてその恐怖から、立ち直ることが出来ないのです。
あなたのトラウマは、その子どもの頃の記憶なのよといわれても、なにそんなことで悩んでいたのと考えてしまったら、何の意味もない出来事になってしまいます。
大人になってからの辛い出来事や恐怖は、子どもの頃感じた、別れや恐怖とは違うのです。
だから、大人になってからそのことを思い出したとしても、トラウマの解決にはならないのです。
ではどうすれば、トラウマから抜け出すことが出来るのでしょうか。
自分を、その記憶を、子どもの頃に戻さなければ、それは何の解決も出来ないことになってしまいます。
子どもだった自分は、そんな小さなことが、死ぬ程、怖かったに違いありません。
買い物に行って、親からはぐれてしまった子どもが、泣きながら親を探した、そんな記憶が、恐怖という観念を植え付けてくるのです。
この分からない所に存在する、そういった意識を、思い出すことはとても大切なことですが、そして、その時の記憶に戻り、自分に対して、もう大丈夫よと、大人の自分が、子どもの自分を、いたわる必要があるのです。
そして、もう大丈夫と何度も言い聞かせながら、その記憶を癒し続けるのです。
何だそんなことだったのかと、そういう考えを持ってはいけません。
もう大丈夫だよと、いたわる思いがない限り、トラウマからの脱出は出来ないのです。

PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]