忍者ブログ

 一つのことを極めれば、全てがわかる。
 一を知って十を知る。
人間達の究極の願いは、悟ることであり、全てを理解することです。
その悟りを、完璧にその記憶を持った人を、私達は高僧とし崇め、未来に導くよう、教えを乞いたいものです。
悟りが開かれると、この大宇宙の法則や、生命の尊厳まで、全てが理解され、それを明快に解き明かしてくれます。
何人もの人々が、その悟りの境地に立つため、山にこもり、岩に登り、霞を食べ、悟りの世界へと、自分を追い込んだことでしょう。
しかしながら、その悟りを開かれた人が、過去に何人居たのか、本当にこれは、難しい出来事となっていることでしょう。
俗に言われる霊能者達や、チャネラーと呼ばれる人達も、未来を導こうとする人達、神の生まれ変わりと表現する人達、開祖といわれるような人達、彼らが本当に悟りを開いていたならば、そんな素晴らしいことはないでしょう。

過去における、そういった人達には、共通した一つの出来事があります。
まず悟りを開く為に、彼らは真っ先に、食という行為を拒否し、死と現実の狭間で、究極の世界を目の前にしながら、悟りという世界をさ迷い歩きながら、今の現実に戻ってきたのでしょう。
よく、素晴らしく能力を持った人達が、色んなセミナーや講話会を開かれています。
そんな中で、そういった霊能的な活動で、人を魅了される人が居たならば、本物かどうかを見分ける方法が一つあります。
悟りの境地に立つ為には、今言ったように食を断ちます。
あの釈迦も、最後は骨と皮だけになりました。
高僧達は、そういった究極の中から、悟りを開かれるのです。
 分かりやすくいうと、裕福そうなふくよかな人に本物はいません。
ものをがつがつ食べる人に本物はいません。

しかしそういった人の中にも、唯一本物が居るとするならば、それは完璧な系図を持った人達に限ります。
そして宇宙語、全ての意識を言葉に変えることが出来る、そういった語源を持った人達でなければなりません。
私達倭民族は、もっと多くの誇りを持たなければなりません。
 なぜならば、宇宙における素晴らしい系図を持ち、倭言葉、日本語を話し、あらゆる出来事や、もちろん物質的な出来事、また非物質的な出来事、意識や感情や、答えのない発想も、そういった考え方も、全て言葉で言い表し、それを理解することが出来るのは、日本語を話す私達だけなのです。
もし今の私達が、生まれ変わって英語だけしか教えてもらえなかったとしましょう。
きっと、歯がゆくてたまらないはずです。
もし今の記憶を持って、今の日本語の記憶をそのまま持った状態で、英語だけしか話せない自分になったとしたら、どれだけ苦しい思いになることでしょうか。
彼らには申し訳ないとは思いますが、私達は、倭という、素晴らしい系図を持ち、悟りの世界を表現するには、倭語でなければならないという現実があるのです。
これだけ多くの言葉を理解していなければ、悟りの世界を表現することは非常に難しいことと思われるのです。
あの経典が漢字で書かれているように、全ての文字が、象形文字から生まれたように、一文字が大きな意味を持つように、また、その文字に関係する言葉が、それを表現する言葉が、無限にあることを知っているのは、私達日本人だけなのです。

今の私達が、食を絶ち、高僧に向かい、がりがりになったとしても、悟りを開けるかどうかは分かりませんが、少なくとも、そういった考え方でものを捉えるのも、一つの目安となることは間違いないでしょう。
真実を知りたければ、この日本の中に、この日本語の中に、宇宙理論や現実社会の在り方や、人間の生き様や、全ての意識の根源があり、この日本以外で理解することは不可能であり、それを多くの人に伝えるには、絶対的に日本語が必要なのです。
日本人が、本当の倭民族となり、倭民族の意識が再生されたならば、悟りの境地に立つことが、誰にも出来る簡単な行為となることでしょう。
修行しなくても、食を断たなくても、それは不可能な現実ではないのです。
外国に行って、どんなに学んでも、答えは見つかりません。
 なぜならば、彼らがそれを伝える言葉を知らないからなのです。
この日本語を、世界中の人が学び、世界が平和になることを望むならば、未来は輝かしいものとなることでしょう。

PR
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 13 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]