忍者ブログ

中世に描かれたヨーロッパの絵に、時々登場してくるのが、天使です。
天使と聞くと、なんだかすごく優しくて、包容力と愛で包んでくれる、なんだか心が和む存在のような気がします。
天使と聞いて、誰もが嫌なイメージを持っていないと思います。
しかし時々、その天使の絵の中に、弓や槍を持っている、そして微笑んでいる、ちょっと変だなと思うような絵もたくさん存在しています。
天国の使者である天使は、天国という楽園に住んでいて、この世を優しく見守っているかのように思えますが、そうでもないのかもしれません。
なぜ、天使が弓を持っているのか、その弓は何の為に必要なのか、そんなことを考えてみると、やはり天国を守る為には、武器が必要なんだという結論になってきます。
要するに、天使達が楽園を築く為には、その楽園を阻害するような悪魔達を、いかに消滅させるかが大きな課題になっているのです。
あの微笑ましい笑顔からはとても想像出来ませんが、それは否定出来ない現実なのでしょう。
天国という楽園は、そういった彼らの意識によって作られ、そして守られているのかもしれません。
多分、天使達は、ニコニコしたその笑顔で、弓を使い、槍を使い、悪魔を笑いながら退治しているのでしょう。
そんな彼らの隠れた強さと優しさが、楽園を築き上げ、平和な世界を見出しているのでしょう。

今のこの時代も、本当に激動の時期といわれ、悪魔が沢山存在しています。
しかもその悪魔達は、大変大きな力を持ち、この世の中を支配しているのです。
そんな彼らに、もし打ち勝つことが出来るとするならば、それは、強さを持った天使達に委ねるしか方法はないのかもしれません。
やがて来る危機的な世界の中で、悪は力を増し、大暴動は世界を揺るがし、略奪や強奪が、日常茶飯事のように繰り返される日が来るのかもしれません。
食糧危機を迎え、自然環境の大異変の中で平和を求めて生きようとしたならば、それは極めて限られた地域の中で、優れた能力を持った自己防衛が必要となることでしょう。
しかしながら、聖なる意識の人々達には、武器は存在していません。
ただひたすら逃げ隠れするしか、方法はないのかもしれません。
かつて沖縄では、人目を避け、洞窟の奥まで逃げたとしても、火炎放射器で焼き殺され、罪もない命がたくさん失われました。
この日本も、そんな悲劇の中で今があることも忘れてはいけません。
そして今、その時の悲劇よりももっと、危機的な時期を迎えようとしています。
人々の意識が人間としての心を失い、悪魔と化しながら、人類を滅亡への方向へと押し進めていってしまうのです。
そんな中でも生き抜き、未来を築き上げなければなりません。
生かされた命は、次の未来で新しい意識の元で発動しなければいけないのです。

楽園を築き上げる為には、やはり天使達に守ってもらうしかありません。
天国から送り込まれた使者は、この世を正しい方向へと導いてくれることでしょう。
その為に、天使達は悪魔を退治するあらゆる方法を知っているはずなのです。
天使から今学ぶことは、その強い心と限りない優しさ、そしてその包み込むような包容力でしょう。
人間は一人では生きていけません。
彼らのような意識と上手く融合しながら、もっと強くならなければいけないのです。
笑いながら悪魔を退治出来るような、人間にそんな強さがあったならば、間違った道へは進まなかったことでしょう。
天使に学ぶことは、未来を築く、大切な行為となるはずです。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]