忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私達の毎日の生活は、三次元があるからこそ存在し、そこで営まれています。
今私達に与えられたこの三次元は、全ての次元の中で最も美しく、また、高エネルギーの世界であり、物質化された社会は、現実を表現するには、非常に便利に出来ています。
私達が今、この三次元に生きている為に、本当の三次元の素晴らしさとか、三次元があるからこそ存在する色々な出来事に対して、丁度、ぬるま湯に浸かっているような状態で、その素晴らしさを見失ってしまっているのではないでしょうか。
その上、この三次元を超える、もっと素晴らしい世界へと、大いなる欲を膨らませ、特にスピリチュアル系といわれる人達は、この三次元を超えた高次元の社会を望み、また、意識で作り上げていく新しい世界を望んでいるのではないでしょうか。
アセンションとか、高次元化とか、勝手なことを言う人は、この三次元をどう理解し、この三次元の在り方を、どのように認識しているのでしょうか。

前宇宙が作られる以前、創造主達は、全ての科学を結集しながら、この大宇宙と次元を作り上げました。
わずかな音と光の中から物質化社会を築くには、究極的な科学が必要だったに違いありません。
意識の世界は非常に自由であり、どうにでもなる世界のように感じられます。
しかし三次元はそうはいきません。
そこに物があり、また重さがあり、この物質的な世界の中で緻密に計算された科学は、この三次元を作り出しているのです。
次元図でも表すように、正次元、負次元、また縦4次元とありますが、正次元の中のたった一つ、この中に三次元が存在しているのです。
たった一つのこの次元の中に私達は今、生きているわけです。
この三次元が、破壊と崩壊と、また意識の狂いにより、危機的な状況を迎えたとき、弥勒菩薩が現れ、私達を正しい世界へと導いてくれると言われていますが、果たしてその正しい世界とは、どこにあるのか、そんなことを考えたならば、いい加減に物事を考えていたなら、高い次元が三次元より素晴らしいのかもしれませんが、実際三次元より高エネルギー的な次元は存在しないのです。
神々達は、意を決しながら、この三次元の中に、私達人間の住む、また命の存在する、そのプログラムを作り上げていったのです。
どの次元よりも、遥かに優れたこの物質的な、また命的なプログラムは、彼らの力を持っても、容易に出来るものではありませんでした。
 なぜなら、一つのものを作り、そこに私達人間が感じる感触というプログラムを与えたならば、誰もが共通した形でそれを認識するように、また、そこに付随する、光の世界、要するに見える世界、触れる世界、聞こえる世界、感じる世界、そんなように、意識や思いや、そこに観念と共に存在する物質の情報を、その全てをプログラム化しながら、共有させなければならないからです。
その共有した情報により、私達は今、この地球で生きているのです。
この三次元は、本当に偶然の結集であり、このような科学がプログラムされたことは、全ての次元の中で、極めて突出した存在となっているのです。

私達は三次元があることに甘え過ぎ、この三次元を作り上げた神々達の苦労を全く理解していないのかもしれません。
音が聞こえるだけでも、触れるだけでも、見られるだけでも、このプログラムは私達現在の科学をどんなに推し進めていっても、到達出来るようなものではありません。
遺伝子における情報の記憶や、その設計図の中に、しかもあれだけ小さな世界に、私達には想像もつかない程の、プログラムと記憶が存在しているのです。
それも、三次元の中にしか存在しない、大いなる出来事なのです。
この三次元の中にいるからこそ、肉体を持っているからこそ、エネルギーの根源があるからこそ、思うことも考えることも出来るのです。
三次元に存在していなかったら、アセンションや高次元化も、そういった意識すら、実は存在しないのです。
 なぜなら全ての次元は、三次元のエネルギーに依存しているからです。
私達が求める、本当の世界は、この三次元という、極めて突出的な、この現象の中から起こり得ることなのです。
要するに、三次元がなければ、この大宇宙全てが、何もない存在となってしまうのです。
今回起こるこのような現象の中で、一番望まれているのが、レベルの低い人間達の意識ではなく、それを乗り越えてきた、植物や動物達の意識の中にあるこの素晴らしい三次元の存在を、私達も認めながら、私達人間が、そして人間の意識が、新しい次元の中に、要するに、三次元のエネルギーに依存しながら私達の意識が変わろうとしている、私達に存在する、無くしてしまったそのプログラムを思い出すことなのです。
あくまで三次元の中で起こり得る、私達人間の中に存在する、もう一つの次元空間を明らかにしながらの、内なる次元のアセンションであり、高次元化なのです。
三次元の中に肉体が存在しているからこそ、それは可能となるのです。
三次元の素晴らしさ、ありがたさを、忘れてはいけません。

PR
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 7
8 14
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]