忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この地球上、最も優れた設計図があるとするならば、それは、勝手に増殖し、勝手に結びつき、勝手に離れ、自由に暴走を繰り返す、遺伝子達ではないでしょうか?
彼らは確実に、自分の中に意識を持ち、貪欲にこの地球で生き続け、全ての生命を管理・誘導し作り出す生命体です。
しかもこの情報量は莫大で、俗に30億というゲノム情報が解き明かされていますが、それは単に一つの図面に過ぎません。
その図面に、RNAという、地球に起こった全ての記憶を持つメモリーディスクがあり、DNA設計図を支配しているのです。
すなわちRNAは、地球におけるDNAの生き方を、情報コントロールにより支配し続けているのです。
そしてその30億のゲノム情報を管理・誘導し、全ての命を作り出しているのです。
日々変化する地球環境の中で、彼らはこれからも永遠に生き続けることでしょう。

今盛んに言われている遺伝子組み換え食品、これは人間がDNAという設計図を勝手に作り変えている現象の一つです。
私達人間の遺伝子は、その遺伝子を持つ食材をたやすく取り入れることは出来ません。
その結果、私達の遺伝子の図面の通り作り上げられた頭脳、いわゆる全てにおける管理システムに、誤作動が生じています。
このままでは地球人と地球人が作り出した生命体により、遺伝子は脅威に立たされながら破壊の一途を辿ることになるでしょう。
もうすでに、動物達には表れているのです。
具体的には、牛の狂牛病をはじめとする、豚や鶏、魚類に至るまで、人間の作り出した科学生命体は、この地球で生きる能力を失いつつあります。
野菜類においては、もうすでに85%が化学野菜となり、私達の脳を確実に侵し始めています。
遺伝子が持つ情報、その遺伝子同士が関わり合う情報の中で不合理が生まれた時、優位性を持つ遺伝子は存在出来ません。
要するに、両方とも駄目になるということです。
しかしながら、手をこまねいて見ているわけにはいきません。

そこで私は、DNAにおけるゲノム情報をより健全にする為に、DNAを支配しているRNAに着目しました。
RNAの情報を地球上最も都合のいい状態に、そして生命にとって抵抗現象のないものへと導くことが出来れば、DNA情報汚染における誤作動を改善することが可能となると考えています。
情報は常に書き込まれていきます。
コンピューター操作で分かるように、最後に書き込まれた情報が最優先されるというルールが、もしRNAのなかにもあるとするならば、修復は可能なものとなるでしょう。
その為の研究を、今盛んにしています。
そして、その糸口とし、情報をコントロールすることの出来る水の生産に力を注いできたのです。

遺伝子と水、全く違う存在に見えますが、情報とエネルギーという観点から見れば、極めて近い存在と考えられます。
水の情報を、限りなく私達にとって都合のいい方向へ導き、自然界における生命誕生に関わった基本的なプログラムを最優先し、オーバーライトすることにより、それは可能になる出来事なのです。
その水の開発は、人類に大きく貢献することは間違いないでしょう。
勝手な理論や知識で、さも正しいようなふりをしながら、水を触るのはやめてもらいたいものです。
水はそんなにたやすくは出来ていない。
水における情報科学は、デルファトラの科学により今も息づいているのです。
すなわち、デルファトラの科学をもって修復することが絶対的な条件となるでしょう。

PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 7
8 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]