忍者ブログ

 他人の事は良く見えるのですが、いざ自分の事となると中々よく分かりません。それなのに自分を良く見せ様と着飾ったり人にお世辞を言ったり、この社会生活の中で上手く繕っていくそれは、大変素晴らしい事なのですがあまり演技し続けると、本当の自分が誰なのか分からなくなってしまう事があります。
 その上、自分という存在が分からないまま、自分に負荷をかけ、自分を追い込み、自分に自己暗示をかけながら、自分という人間を自分自身が、確認出来ない程見えなくしてしまう事があります。一体自分は誰なのか、なぜここに居るのか、気付いてみたら一体今まで何をやってきたんだろう、何の為にここに居るんだろう、自分で自分が理解出来なくなった時、自分に対して非常にやるせない気持ちが湧いてきます。
 かといって何かする訳でもなく、ただ呆然としながら毎日を生きている、そんな気もするのです。自分が見えなくなった時、よく原点に還ると、そんな風に言う人が居ますが、その原点すら思い出せなくなってしまう事もあるのです。一体今日まで、何の為に生きてきたんだろう、そんな疑問にぶち当たった時、人は自分の生き方に、大いなる矛盾を感じてしまうのです。
 一生懸命、働いてきてもそこに良い結果が、付いてくるとは限らないのです。愚痴を言い合っても、そこには結論が無く、ただ自分を惨めにしてしまうだけなのです。どんなに上手く生き様としても、それが良い結果をもたらすとは限りません。どんなに安易に生きてきたって、生まれた環境やその人の運により、色んな形で生き方が変わってきます。
 なんてついていないんだろうと思っても、そこから生まれるものも何も無いのです。いつも自分を見失い、その内、自分が誰なのかも忘れてしまい、どこに向かって生きるのかなんていう事は、どうでも良い事になってしまうのです。目的を見失った意識は、ただ呆然と未来を見つめ、今までの出来事に何の後悔もなく、ただ生きてきた毎日に重要性が無く、明日からの生き方に望みを感じる事もなく、ただひたすら、その一日を過ごす事が精一杯の毎日がこれからも続くとしたならば、そこで立ち止まろうと周りを見た時、初めてその自分に気付く事があるのかもしれません。
 しかしその立ち止まった一歩も、明日になれば又、平凡な毎日を一歩一歩前に進め動いていってしまうのです。この様な生き方を平凡と言うのかもしれませんが、良いのか悪いのか、それすら分からなく、ただ毎日を過ごしてしまう、社会生活の中に飲まれて生きる場合はそれで、良かったのかもしれませんが、これから迎えようとする日本人、そして世界における環境の変化の中で、そこを乗り越えていく為には、今までのこういった今を、その全てを何の意味も無く、時間だけの経過を過ごしてきたそういった生き方では、これからはそして未来は正しい方向へと進む事はありません。
 自分に出来る何かを見つけ、たった一つの結果でも良いから、そこに生きた生き様を残し、良い人生だと言えるそんな生き方が出来たら、まだまだこの日本も捨てたものではないと思います。
 この恵まれ過ぎた環境の中で、甘さが露呈された現実の中で自分を見つめ、明日をどう生きるか、少しだけ考えてみたら楽しくなるかもしれません。まだまだこの日本は、素晴らしい環境の下で、明日を迎える事が出来ます。
 大自然は誰に対しても平等で、その存在はとても優しいものです。
 そんな日本で生きられる事に感謝し、もう一度自分探しをしてみてはいかがでしょうか。

PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
オリハルコン
カウンター
ブログ内検索
メールフォーム
バーコード
プロフィール
HN:
デルファンドラ
性別:
非公開
自己紹介:
デルファトラ星の6人の科学者の1人です。
忍者ブログ [PR]